環境への取り組み

環境方針

日鉄住金精密加工の本社製造所の環境方針です。

基本理念

人類共通の最重要課題である地球環境に対して、全従業員の一人ひとりが事業活動と環境保全活動の関連性を理解し、事業活動を通じて環境負荷の軽減、及び改善に取り組み、環境の保全を図り、「世の中で評価される会社」を目指します。

行動指針

環境保全活動の重要性を認識し、環境マネジメントシステムを構築し維持するとともに、環境に与える影響を考慮し、事業活動の実践と製品及びサービスの提供に努める。事業活動を通じ、次の項目を重点課題として活動を推進する。

  1. 環境関連法規、条例、行政の通達等で定められた環境規制、及び当社が 同意するその他の要求事項を遵守し、環境保全を確実に進展させる。
  2. 著しい環境側面の特定により、技術的・経済的に可能な範囲で環境目的、目標を定め、継続的な改善の推進と環境汚染の予防に努める。
  3. 省エネ活動、省資源及び廃棄物の減量化・リサイクルの推進に取組む。
  4. 事故及び緊急時に、環境に著しい影響を及ぼさないよう予防処置につとめ、教育・訓練を行う。
  5. 環境方針及び環境保全活動について文書化し、当社の事業に従事する全ての人に周知徹底を図り、環境保全に対する啓蒙活動と意識向上に努める。
  6. 社外一般の人々が、当社の環境取り組みを入手できるように手段を講じる。

2017年7月1日
日鉄住金精密加工株式会社
代表取締役社長 中村 正法